プログラミング基礎知識

僕が PHP 言語をすすめる理由

HTMLCSS をある程度学んだとき、その次に学ぶべき言語は JavaScript (jQuery) が良いと思いますが…

JavaScript だけでも完璧に(≒かなり深くまで)勉強したとしたら、それだけでも職業プログラマーとして食べていけるとは思いますが、対応力を身につけるという意味で 並行してバックエンド用の言語を学び進めるのも良いのではないかと思います。その際にオススメの言語は…

PHP です!

流行り廃りの早いウェブ業界で PHP を学ぶことに不安のある方もいらっしゃると思いますが、現役エンジニアの僕なりの見解を書かせて頂きたいと思います。

各種レンタルサーバーで初期インストール済み

多くのレンタルサーバーで、初期インストール済みであることが多く、サーバーレンタルと同時に何らセットアップすることなく、データベースを使ったバックエンドプログラムを組み始めることができます

WordPress の開発言語

WordPress でブログを書いている方は 比較的多くいらっしゃるのではないかと思いますが、WordPressPHP で開発されていますので、仮に WordPress のオリジナルテーマを作って販売しよう!とか、WordPress の内部構造を分析してカスタマイズしよう…などを考えたときに PHP を学んでいれば、容易に独自開発に着手することが可能です。

※facebook も PHP を開発言語として採用していますね。

世界中に豊富なライブラリ

現在のプログラミング言語シェア No.1 は Python と聞きますが、ウェブサービスがオープン化され 無償化されていく過程で Linux のシェア拡大とともに プログラミング言語 シェア No.1 となった PHP は、世界中に豊富なライブラリが作られ 今なお発展を続けています。例えば Eメールを送信するライブラリPDF を作成するライブラリSMS を送信するライブラリ…など、システムを拡張する際のライブラリが多く開発されており ほとんどのライブラリは無料で入手/使用することが可能です。

大手ベンダーのサービス連携用言語

例えばクライアント様から「(大手ベンダーの)収納代行サービス を利用したい」などの要望があった場合、クレジットカード からの入金情報やコンビニエンスストアからの入金情報などと連携する際に そのライブラリや API が PHP で提供されている、または、サンプルコードが PHP で書かれている…ということは非常に多いです。ですから、他の言語を選択して学んだ…としても 仕事上 PHP を学ばなければならない…状況が発生してもおかしくないと思います(開発会社によるとは思いますが)。

低難易度で管理しやすい

習得の難易度が低いと言うのは学ぶ上でも都合が良いとは思いますが、それ以上にプログラムを管理する管理者側に大きなアドバンテージがあります

IT業界に20年以上いると、個人の奇抜な思想でクラスやモジュールを組み上げてしまい、そのままどこかへ消えてしまう…ようなエンジニアの話をよく聞きますが、その担当者の残したレガシーがバグを含んでいると言う事は少なくないのです。完璧なプログラムを作って終わらせるエンジニアなどいない…と仮定すべきです。ではそのバグはどうなるかと言うと…システムの管理責任を負っている会社がどうにかして直さなければならないのです。

そういった状況を開発現場の前提とする場合、流行廃りや「かっこいい」だけの理由だけで 難易度の高い言語を採用する事は、開発会社にとってマイナス要素でしかありません

誰もが書きやすいコード体系、読み解きやすい言語…で書いておくことが(あとに残される者にとっては)非常に重要なのです。

ひろゆき氏が「速い」と言っていた…

ひろゆき 氏が「PHP 速いですよ!」と言っていた笑(YouTube 動画はこちら

結論

上記の理由から、当社では 2021年9月時点では PHP を学習されることをおすすめしております。

 #プログラミング #HTML #CSS #JavaScript #jQuery #PHP #WordPress #Python #収納代行サービス #クレジットカード #ひろゆき

プログラミング相談受付中

自営エンジニア歴 20年以上の 当ブログ作者が、プログラミングに関するオンライン相談(zoom 等)を受付中です。言語は HTML CSS JavaScript jQuery PHP MySQL VBScript など…

詳細・お問い合わせはこちら