サイト運営・SEO対策

Google Search Console – カバレッジ – 除外「重複しています…」で “https://www.” が表示された場合の対処方法

Google Search Console - カバレッジ - 除外「重複しています…」で "https://www." が表示された場合の対処方法

Google Search Console – [カバレッジ] – [除外] – 「重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました」の表示詳細に “https://www.” からはじまる(例. https://www.hogehoge.com/)アドレスが表示された場合の対処方法をご紹介します。

※https://hogehoge.com/ を有効なアドレスとして使用したい場合です。

.htaccess を編集する

  1. 運用中サーバーに FTP クライアントソフト(FileZilla など)で FTP 接続して “.htaccess” ファイルをローカル PC にダウンロードします。
  2. メモ帳などのテキストエディタで開きます。
  3. 以下のコードを挿入して上書き保存します。
  4. FTP でアップロードします。
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.hogehoge\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://hogehoge.com/$1 [L,R=301]

RewriteCond

“RewriteCond” は “RewriteRule” の実行に条件を付ける場合に、その実行条件を “RewriteCond” として直前に書くことによって条件分岐させるディレクティブ(命令)です。

%{HTTP_HOST}

%{HTTP_HOST}” は APACHE(Web サーバー)の環境変数で Web サーバーがリクエストされた際のドメイン名が格納されています。
この場合には「www.hogehoge.com がリクエストされた場合」という意味になります。

※APATCHE(Web サーバー)の環境変数は PHP 言語の $_SERVER 環境変数で取得することが可能です。

RewriteRule

RewriteRule は次に指定するアドレスに転送する…という意味です。

^(.*)$」は、ドメイン名に続く “ファイル名+パラメータ” の全文字列…の意味になります(転じて「(RewriteCond に合致する)すべてのリクエストに対して」という意味になります)。

「https://hogehoge.com/$1」で、”https://hogehoge.com/” + “ファイル名+パラメータ” に転送する…という意味になります。

[L] は “Last”、[R=301] は “301リダイレクト”(恒久的)と呼ばれ、(一時的な処理ではなく)この先ずっとこの転送を指定する…ことをクローラーに伝える意思表示になります。

Google Adsense – ディスプレイ広告

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-0323974291730369″
crossorigin=”anonymous”></script>
<!– soln-blog.net CTA –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-0323974291730369″
data-ad-slot=”6261929160″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>